孫の日特集

風呂敷

風呂敷のこぼれ話

風呂敷と呼ばれるようになったのは、室町時代末期の頃。大名が風呂に入るときに平包(ひらづつみ)を広げ、その上で脱衣などして服を包んだ、または足拭きにした等の諸説があります。 その後、江戸時代に銭湯の普及とともに庶民にも広がりました。

現代では、美しい色柄と様々なサイズがあり、軽量で収納性に優れていることから風呂敷がエコバッグとして関心を集めています。 とくに、旅行の時はスーツケースに収納しやすく、衣類などをコンパクトに包むことができるのでお勧めです。

風呂敷・ふくさ

並び替え
332件中 1-60件表示
1 2 6
並び替え
332件中 1-60件表示
1 2 6

インスタ

風呂敷のカタログ